はうすめーかーどうですか

ハウスメーカーの事・・・あまり書いてないですけどね!

Read Article

アキュラホーム「住みごこちのいい家」の評判は?オプティスとの違いは?

アキュラホーム「住みごこちのいい家」の評判は?オプティスとの違いは?
スポンサーリンク

アキュラホームの「住みごこちのいい家」の口コミや評判が気になりましたので、少し調べてみることにしました。新商品として登場したようですが、特徴や実力はどのようなものなのでしょうか?

実際に調べてみると「住みごこちのいい家」というのは、アキュラホームの基本的な商品であった「オプティス」の後継となる位置づけなんだそうです。しかしただ名前を変えただけではなくて、オプティスよりもグレードアップしながらも低価格化を実現したという評判でしたので興味深いところではあります。

それにしても「住みごこちのいい家」なんていう名前を付けるからには相当の内容なのかと思いますが、少し特徴をピックアップしてみることにいたします。

アキュラホーム「住みごこちのいい家」の特徴

アキュラホームの住みごこちのいい家は、以前のオプティスと比較すると100万円を超えるコストダウンに成功したようです。もともとオプティスという商品は高価格帯ではなかったですから、100万円のコストダウンのためには相当のノウハウが必要だったのではないでしょうか?アキュラホーム自体は低コストの住宅を販売することで知名度を上げてきたわけですから、やはり新商品もコストダウンが最大の特徴を持つのは当然なのかもしれませんね。

しかし、「住みごこちのいい家」がただコストダウンしただけの家では今の時代に評判になったりすることもないでしょう。コストダウンしながらも設備&機器はグレードアップしているというのですから驚きですね。安くて良い家という特徴をアピールできる家になっているようです。

住みごこちのいい家の評判や口コミ

それでは、アキュラホーム「住みごこちのいい家」のどの部分に評判や口コミが多く集まっているのでしょうか?グレードアップしてコストダウンという部分以外でも、女性目線で家事が楽になる仕様が注目を集めているようですが・・・デザイナーが施主の希望に合わせて提案してくれる点で評判が高いみたいですね。

さらに、二世帯住宅や平屋の他にも3階建てなどに対応できる点でも評価が高かったですね。低価格住宅には多彩な間取りを選べない商品が多いのですが、これだけ自由度が高ければ十分に満足できちゃうってもんです。さらに、スケルトン&インフィル構造や1ミリ単位での自由設計なども評判を呼んでいるとのこと。

「住みごこちのいい家」に関しては基本仕様を見ていくと気になる点は多いのですが、とりあえず私は「耐震等級3」「遮熱Low-eペアガラスが全部の窓に」「エコジョーズ給湯器」を評価したいと思います。いくら安くても地震に弱かったり単板ガラスでは納得できないですからね。私の実感では・・・この装備では関西以南の土地でしか住みごこちの良い家にはならないでしょう。関東以北の場合だと寒さという点でかなり辛いと思います。

Return Top