はうすめーかーどうですか

ハウスメーカーの事・・・あまり書いてないですけどね!

Read Article

積水ハウス「ベレオプラス」は相続税対策としての評判が高い!

積水ハウス「ベレオプラス」は相続税対策としての評判が高い!
スポンサーリンク

不動産を相続する予定があるのであれば、来年1月に改正されて相続税対象者が増えることも意識しておくべきでしょう。不動産の相続方法の一環として、住宅としての建て替えも考慮してみるべきかもしれません。

自宅を相続する場合には、小規模宅地等の特例を使うことができますが・・・今回の相続税法の改正によって追加の緩和措置が設定されたのです。相続税評価額を80%減らすことができる面積の上限が240平方メートルから330平方メートルに引き上げられたのです。

この緩和措置によって、二世帯住宅などにも小規模宅地等の特例が適用しやすくなったり、店舗や事務所などとの併用でも考えやすくなったのですね。

仮に賃貸併用住宅を建てたならば、家賃による収入を期待できますし・・・それを相続税の納税資金としても活用できるのも魅力的ではないでしょうか?

しかし、賃貸併用としての建物を考える上で長期的な資産価値を考えると・・・普通のハウスメーカーの普通の商品では不安感が拭い去れないのが現実だと思います。

そこで、検討すべき商品として紹介したいのが「積水ハウスのベレオプラス」ですね。「ベレオプラス」は多目的な4階建てという特徴を持っていて、相続税対策としての評判が高まってきているのです。(画像出典 積水ハウス

積水ハウス「BEREO PLUS(ベレオプラス)」の評判が高い理由

積水ハウスの「BEREO PLUS(ベレオプラス)」は3階建てや4階建てが可能な多用途住宅が特徴で、二世帯住宅としてはもちろんのこと、賃貸併用や店舗付きといった複合利用が可能という点でも高い評判を集めています。

相続税の問題だけでなくて、賃貸経営での収益性という面でも新たな価値観をイメージさせてくれるのがベレオプラスの魅力とも言えるでしょう。

積水ハウス「BEREO PLUS(ベレオプラス)」が賃貸併用としての建物として評判が高いのには理由があって・・・・

  • 積水ハウス独自の重量鉄骨ラーメン構造によって、通し柱が不要となり柱の位置に制限されずに自由な設計が可能となった。
  • 各フロアの利用条件に合わせて自由度の高い空間設計が可能となった。
  • 耐震性や断熱性といった建物としての基本性能が高い。
  • 梁勝ちラーメン構造によって、広い開口部や吹き抜けによる自由な空間デザインが可能な点。
  • 普通の鉄骨賃貸住宅と比較すると上階からの音を半分にする「高遮音床システムシャイド55」を採用している。
  • 高級マンションのような大型エレベーターやオートロックシステムも採用可能
  • メンテナンス期間30年の高耐候塗装外壁を採用することによるメンテナンス費用削減が期待できる。

これらの特徴に加えて、「BEREO PLUS(ベレオプラス)」は4階建てであることから、店舗、賃貸、子供世代の自宅、親世代の自宅などを自由に組み合わせて配置できるので・・・土地の有効活用と相続税対策だけの魅力で評判なわけではないわけです。

いわゆる、ふつーーーうの住宅を建てようと考えている方は「BEREO PLUS(ベレオプラス)」を検討してみるべきだと思います。普通の住宅は稼いでくれないですからね。条件の良い土地を持っている方であれば、「BEREO PLUS(ベレオプラス)」のような複合多目的マンションを選択することによって店舗や賃貸の家賃収入が・・・毎月、チャリンチャリンと入ってくるようになるのです。

Return Top