はうすめーかーどうですか

ハウスメーカーの事・・・あまり書いてないですけどね!

Read Article

タマホームで雨漏りなどのトラブルや欠陥問題の可能性を減らす方法!

タマホームで雨漏りなどのトラブルや欠陥問題の可能性を減らす方法!
スポンサーリンク

タマホームだけではありませんが、低価格だけが特徴のローコスト住宅メーカーで家を建てるのには少なからず不安を感じてしまいやすいものです。その不安で多いのは、やはり欠陥住宅問題や各種のトラブルだと思います。

文房具などの場合は壊れてしまっても・・・安物だから使い捨てで当たり前と考えれば諦めも付くというものです。しかし、1000万円から3000万円もの価格を払うマイホームの場合は決して欠陥などが発生してもらっては困るのですね。

それでは、欠陥住宅の心配を無くすために積水ハウスや大和ハウスのような大手のハウスメーカーを選べば良いのでしょうか?その場合でもトラブルの心配はゼロになるわけでもないですし、価格面での負担も少なからず多くなってしまうのは嫌ですよね?

果たしてタマホームのようなローコスト住宅メーカーでも、雨漏りがあるような欠陥住宅にならないようにするコツはあるものでしょうか?

タマホームのトラブルや問題に関する口コミ

タマホームの欠陥に関するネット上の口コミを集めてみました。

  • タマホームは欠陥住宅にならないような不具合が多い傾向がある
  • 下請けへのコスト削減により手抜きが常に発生している
  • 雨漏りなどの不具合が発生してもタマホームはその場しのぎの対応しかしてくれない
  • ドアの建て付けなどのトラブルも根本が悪いので完全に治るわけではない
  • 修理しても同様の問題が再発することが多い
  • 太陽光パネルを載せると雨漏り発生率が上がる
  • 欠陥を他の工務店で治そうとしても元の工事が杜撰すぎて対応してもらえない

これらのタマホームに関する口コミが全て正しいとは思いませんが、建築士の世界では不具合の多さは有名なんだそうです。

いずれにしても家というのはキチンと工事がしてないと欠陥の補修やトラブルの解消すらも難しいということがわかりますね。

タマホームで欠陥住宅にしないための方法

施主というのは、家の建築に関しては素人同然であることがほとんどではないでしょうか?

そのために、仮にタマホームの大工が手抜きや欠陥工事を行ったとしてもチェックできないわけですね。

ここに不安感や不信感が生ずる原因があると思うのですが・・・ここに、自分とタマホーム以外のチェックの目を入れることができるのはご存知でしょうか?

それは、長期優良住宅の認定を受けることなのです。

長期優良住宅の細かな説明は省きますが、他の人のチェックが入るとなると現場の大工の丁寧さが圧倒的に変わってくるものなのですね。

また長期優良住宅の制度に沿って家が造られているのかどうかを確認されますので、欠陥箇所があったまま工事が進むという可能性が大幅に減らせることができます。

長期優良住宅のデメリットとしては、費用が掛かる事と工事期間が若干のびることが考えられますが・・・雨漏りのような致命的な欠陥やその他の細かいトラブルや問題が発生する確率を無くすことができるのですから検討してみる価値は大いにあると思います。

タマホームのようなローコスト住宅メーカーを選ぶ際に欠陥住宅の心配を無くしたい場合は、長期優良住宅の認定を受けることによって第三者のチェックを入れることができるのです。

ぜひご検討下さいね!

Return Top